家なき子の要件30年より

このエントリーをはてなブックマークに追加

次の2つの要件が追加されました
①相続開始前3 年以内に

日本国内にある

自己、

自己の配偶者、
自己の3 親等内の親族

又は自己と特別の関係がある法人

所有する家屋

( 相続開始の直前において

被相続人の居住の用に
供されていた家屋を除きます。)

居住したことがない
②相続開始の時に、

取得者が居住している家屋を

一度も所有し
たことがないこと


経過措置

平成30年4月1日から平成32年3 月3 1日まで

相続又は遺贈により取得する財産のうちに、

平成30年3 月31日に
相続等があったものとした場合に、

(改正前の要件)に該当することとなる宅地等

について、特例を適用することができる


平成32年4 月1日以後に相続等により取得する財産につき

平成32年3月31 日において

その宅地等の上に存する建物の

新築、増築その他の工事が行
われており、

かつ、

工事の完了前に相続等があったときは、
当該相続等の申告期限までに

取得者が自己の居住の用に供したときに限り、

特例を適用することができます

ご相談電話048(648)9380

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です