被相続人に養子がある場合「法定相続人の数」に含める養子の数

このエントリーをはてなブックマークに追加

法定相続人の数

相続税の
基礎控除を計算する場合

被相続人に養子がある場合には、「法定相続人の数」に含める養子の数について は、次のそれぞれに掲げる人数までとなります。
イ 被相続人に実子がある場合 1人
ロ 被相続人に実子がない場合 2人
例えば、相続人が実子1人、養子2人の場合には、相続人の数は 3人ですが、「法定相続人の数」は2人となります。
また、相続人が養子3人のみの場合には、相続人の数は3人です が、

「法定相続人の数」は2人となります。
なお、特別養子縁組により養子となった人、被相続人の配偶者の実子で被相続人の養子となった人、被 相続人の実子若しくは養子又はその直系卑属が相続開始前に死亡し、又は相続権を失ったためその人に代 わって相続人となったその人の直系卑属(孫やひ孫)は、実子とみなされます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です