飲料の容器や お歳暮の箱代

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲料の容器や

お歳暮の箱代のような

飲食料品の容器代等の

取扱いについては

以下の通りとなる。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

容器代を

 

別途受領しない場合

 

 

容器代を

 

別途受領する場合

 

 

食器や

 

装飾品として

 

再利用できる容器

 

 

一体資産の

 

判定をして

 

判断する

 

 

 

 

 

 

標準税率

 

 

ペットボトル等の

 

使い捨て容器

 

 

軽減税率

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です